アンシェントメモリーオイル Positive Energy ポジティブエネルギー マイナスを手放す


アンシェントメモリーオイル

色・香り・クリスタルの神秘の力で願いをかなえる!アンシェントメモリーオイル

Q.リトルウィッチアカデミア ロッテと水晶でメール?をしていたナイトフォールの大ファンは学園長ですか?
A.ロッテとメールをしていたのはバドコック先生です 最後の方でチラッと時計台のコスプレを背負った姿が映ってます(画像参照) 第4話はロッテの意外なオタクぶりが判明する楽しいエピソードでしたな
詳しくはこちら

Q.「ホーンテッドマンション」についての質問です。 ・ホーンテッドマンションの正体は何ですか? 過去に何があったんですか? ・エヴァーズ一家があの屋敷に行くきっかけは、執事のおじさんの電話でした。なぜ執事はエヴァーズ家の電話番号を知ってたんですか? ・エディーマーフィー演ずる主人公ジム・エヴァーズの妻、サラがなぜ標的になったんですか? 黒幕である執事はなぜ屋敷の所有者であるグレイシー氏と結婚させようとしたんですか? 生きてる人と大昔に亡くなっている人の結婚など不可能なのにどうしようとしたんですか? ・物語の終盤でグレイシー氏の恋人であるエリザベスの魂がサラの身体に宿り現れます。 なぜ、魂が屋敷にいたんですか?そして、どこから現れたんですか? ・最後、グレイシー氏やエリザベス、さらにメイドの紳士とマダム(←この人たちは誰?)や屋敷にいた幽霊たちは天国へ昇天しました。 まずなんであんなに多くの幽霊が屋敷に住み着いていたんですか?? 補足)なんで黒幕の執事だけ地獄に行ったんですか? 地獄に堕ちろ!って言っといて自分が堕ちましたがなぜですか? ・エヴァーズ一家は最後家族揃って車でどこかに向かっていましたが、すごく長くて周りは海の高速道路を走っていましたがどこに向かっていたんですか? 補足)水晶玉の女と歌う石像たちも一緒でしたが、その人たちはなぜ天国に行ってないんですか?? P.S)物語の全容と共に具体的に教えて下さい。
A.ホンデッドマンションですね あれはかなりの名作ですよね では回答のほうへ移らせていただきます 『エヴァーズ一家があの屋敷に行くきっかけは、執事のおじさんの電話でした。
なぜ執事はエヴァーズ家の電話番号を知ってたんですか?』 1番始めに新聞配達の少年が屋敷の前で転んだシーンを覚えていますか? その際少年はエヴァーズ家の不動産のチラシを落としたままその場を去りました おそらくその際にエヴァーズ家の電話番号を知ったのでしょう 『エディーマーフィー演ずる主人公ジム・エヴァーズの妻、サラがなぜ標的になったんですか? 黒幕である執事はなぜ屋敷の所有者であるグレイシー氏と結婚させようとしたんですか? 生きてる人と大昔に亡くなっている人の結婚など不可能なのにどうしようとしたんですか?』 おそらく、サラはグレイシーの婚約者であるエリザベスととても似ていたため標的になったと思われます また、ここからは映画には流れていなかったので想像ですが おそらくグレイシーの悲しみの念のせいで黒幕の執事も屋敷に囚われていたので、 自分も解放されるために行ったのでは? また2人を結婚させる方法はおそらくサラを殺すことでしょう 最後の方でサラがワインを飲もうとするシーンがあり おそらくそのワインの中に毒が入っていると思われます 『物語の終盤でグレイシー氏の恋人であるエリザベスの魂がサラの身体に宿り現れます。
なぜ、魂が屋敷にいたんですか?そして、どこから現れたんですか?』 サラは屋敷内で執事に毒殺されました これから愛する人と結婚できるはずだったのに… そう考えれば悲しみの念で屋敷に留まってしまうのもわかるでしょう おそらくサラの魂は子供達と一緒にいた?人魂でしょう きっと媒体となる体がなかったからか 執事に邪魔されていたかは定かではありませんが 何らかの理由でグレイシーの元へ行けなかったと考えられます 『最後、グレイシー氏やエリザベス、さらにメイドの紳士とマダム(←この人たちは誰?)や屋敷にいた幽霊たちは天国へ昇天しました。
まずなんであんなに多くの幽霊が屋敷に住み着いていたんですか?? 補足)なんで黒幕の執事だけ地獄に行ったんですか? 地獄に堕ちろ!って言っといて自分が堕ちましたがなぜですか?』 マダムが誰だったのか これは映画で流されていないと思うので推測ですが おそらく屋敷に集まっていた多くの霊の影響で生まれてしまったか あるいは金持ちの専属(この場合グレイシー家)で 屋敷にいた幽霊たちと一緒にグレイシーとエリザベスの大きな悲しみの念に囚われていたのでは? 近くにいる霊が屋敷に引きずり込まれたとも考えられます また黒幕の執事が地獄に落ちた理由 これも想像なのですが 地獄の番人や住人はなんだかんだ言っても公平な審判を下すものです この状況下で地獄に落ちるべきなのはどう考えてもグレイシーたちでなく執事でしょうからw あとは物語を綺麗に終わらせたいがために無理やりになってしまったのかもしれません 『エヴァーズ一家は最後家族揃って車でどこかに向かっていましたが、すごく長くて周りは海の高速道路を走っていましたがどこに向かっていたんですか? 水晶玉の女と歌う石像たちも一緒でしたが、その人たちはなぜ天国に行ってないんですか?』 作品の始めの方 そもそもこの屋敷に訪れる際に 家族で湖にあそびに行く前に話しだけ聞きに行く しかし屋敷に訪れるとたちまち大雨に見舞われて屋敷にとどまることを勧められる そしてその後に多くのハプニングに見舞われる きっと家族は始めに行こうとしていた湖に向かったのでは? おそらく周りに見えているのは海ではなく湖でしょう またマダム(水晶玉)や石像の人については語られていませんがいくつか仮説が立てられます 1,ものに憑いてしまったため成仏できない 2,他にまだ後悔の念があり、それに自らを縛り付けている ↑でも石像の人たちを見る限りそうみえませんがw 3,とりあえずまだ現世にいたいと思ってるだけ 4,そもそも幽霊でなく、妖怪などの類 マダム(水晶玉)と石像たちについてははっきりとしていない部分が多いのでそれを承知で考えた方がよろしいかと… 物語の全容 質問と同時にできなかったのでここでお話しします すでに長い文なので、できるだけ短くまとめます 不動産をしているエヴァーズ一家に屋敷を買い取って欲しいと電話が入る 屋敷で多くの召使い、そして主人であるグレイシーに歓迎されますがそれは全て執事のサラを殺すための罠 屋敷のものはもうすでにこの世のものでない 執事はグレイシーにサラは婚約者のエリザベスだと騙し、2人を結ばせるためと言いサラを殺そうとしますがそれを夫であるジムと2人の子供が阻止します 逆上した執事はグレイシーたちを地獄に落とそうとしますが逆に自分が落ちてしまいます そして毒を飲んでしまったサラの体に子供達とずっと一緒だった人魂(エリザベスの魂)が入りそこでやっとグレイシーの誤解が完全に解けます そして晴れて結ばれたグレイシーとエリザベス 悲しみの念から解放され、天国への道がひらけ屋敷にいた多くの幽霊たちは天に昇り 最後にグレイシーはお礼とお詫びを込めてエヴァーズ家に土地と屋敷の契約書を渡し そして一家は当初の目的であった湖を目指して終わりです 過去にあったこと これは本当に短く書きます 身分の高かったグレイシーは身分の低い黒人であるエリザベスと恋をし、結婚する一歩手前まで来ましたが 黒人を差別していた執事はそれを止めるため、エリザベスを自殺に見せかけワインで毒殺します それを知ったグレイシーは自身も首を吊って自殺してしまいます このことは映画に1番始めに流れます、ほとんど台詞なしなところなので見直すことがありましたら見てみてください 長文失礼しました また語彙力、文章力がなくて本当にすみません また思い出しで書いているため、誤ったことが書いてあるかもしれません ご了承くださいorz
詳しくはこちら

Q.タイトルが思い出せないファミコンソフトがあります。 ゲームの内容はインディージョーンズ的な遺跡の謎を解き明かすようなストーリー? だったような気がしており、プレイヤーは水晶を操作しながら進んでいったと思います。 上記のようなゲームのタイトルをご存知のかた教えて下さい。 宜しくお願い致します。
A.『バベルの塔』 (1986年・ナムコ) でしょうか? 水晶玉を取ることでゴールを塞ぐ封印を解くことが出来ます。
遺跡探索と水晶は付き物で、 『スーパーピットフォール』 『バルダーダッシュ』 『スペランカーⅡ 勇者への挑戦』 などもこれに該当しますが・・・ あとインディージョーンズっぽいのは 『アルマナの奇跡』とか。

詳しくはこちら

Web Services by Yahoo! JAPAN

qrCode

コメントは受け付けていません。

← 戻る