CODE46


久々に、試写会行ってきました。
お友達につれてっていただきました。どうもありがとう♪
観た作品は、「CODE46」。
事前情報は「ティム・ロビンスが出てる」のみ(笑)。
ティム・ロビンススキなんで。「ショーシャンクの空に」とか最高。
とかいいつつ、最近映画を見てない(正しくは、洋画をみていない・・・邦画は佐藤浩市出演作に限りみている)ので、
ティム・ロビンス久々だ~と思って、フィルモグラフィーをチェックしたら、ほんとに「ショーシャンク」以来見てないくらいだった(すでに、それはファンとはいわない・・・)。
近未来を舞台にしたSFってことなんですけど・・・。
いちお、事前に「お約束」を確認しておいたほうがいいかも?
ちょっと特殊な「法律(CODE46)」があるという設定で、そこをきちんと理解してないと、せつなさとかがピンとこないかも。
私は鑑賞後にチラシでその設定を確認し、はあ~!そうなんだ!先に言ってくれたらもうちょっと感情移入できたのに!などと感じましたので。
ラストは結構悲しい・・・。そ、そんな~!って感じです。
SFというよりは、ラブストーリーなのかなあ。
運命の出会いとか。
それにしても、ティムは、相変わらず童顔というか(ちょっと肌に衰えは感じるものの)。
あの顔で、やたら背が高いというギャップも面白いですが。
1958年生まれってことは、46歳?みえない。
カッコイイです。(結局、私の映画を見た感想はそこに行き着くのか。)
CODE46」9月11日から公開です。
ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に

qrCode

コメントは受け付けていません。

← 戻る