「感染・予言」初日舞台挨拶


感染ネタで連続してますが。
観てきました。初日。
すでに、試写会で観ていたので、あれですが。
例の、ありえないものがうつっているのは、かなり冒頭のシーンで。
ほんと、試写会の時にはきづかなかったなー。
試写会を観たあと、ノベライズも読んで、初日に備えたわけですが、やっぱ、謎が多い。
というか、登場人物の背景とか、イマイチわからない(わざと?)。
ついつい、観ながら、観た後もいろいろ考えちゃう作品です。
「予言」のほうは、舞台挨拶で、三上さんがいい話だから、ハンカチ必須!みたいなことをおっしゃり。
そうなんだー。ホラーといっても、結構泣ける話なのね。
ラストは「ええ話や・・・」とか心あたたまったりしちゃうのかも!
とほのかな期待をしてたんですけど。
甘かった。
ラスト悲しいよう・・・。そういう意味でハンカチ必須なのか!
後半、たたみかけるようにいろいろあって、どうなっちゃうの!?と結構ハラハラしつつ。
こちらも、なかなか、よい出来だと思いました。
イチローの記録更新とか、いろいろ重なって、ワイドショーではほとんど取り上げられなくてガッカリですが!
「感染・予言」いいですよ!
ホラー好きな方も、そうでない方もぜひぜひ。

感染
感染
予言
予言
qrCode

“「感染・予言」初日舞台挨拶” への1件のコメント

  1. 「感染・予言」初日舞台挨拶レポート

    10月2日、「感染・予言」が初日を迎えました。
    有楽町の日劇2にて、舞台挨拶が行われまして、行ってまいりました?。
    2本立て映画の舞台挨拶ということで、挨拶…

← 戻る