iPhoneアプリ収益化プログラム実践中!

このエントリーをはてなブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこの記事をクリップ!

アプリアフィリエイト

ゲームで稼ぐ!iphoneアプリ講座

 

ヒットするアプリには全部「理由」がある! 成熟したiPhoneアプリ市場で存在感を出し、成果を出すにはどうすればよいかを、企画からマーケティング、課金システム、プロモーションまで総合的に解説しました。

 

iPhoneアプリの市場は当初、先進的な端末を好むユーザーを中心に形成されたミニマムな市場規模でした。しかし、iPhone/iPadが普及した今、アプリの市場も成熟してきています。また、新たに業務で参入するエンジニアやデザイナー、既存プロジェクトの移行を引き継ぐプランナーなど、この市場と関わるプレイヤーも多種多様となってきています。
本書は、その現在の市場でも確実に成果を上げられる一冊として必読の内容になっています。

 

「CHAPTER 1 イントロダクション」「CHAPTER 2 情報収集・準備」ではiOSアプリの市場や、事前の情報収集法について解説します。
「CHAPTER 3 企画・マネタイズ」ではiPhoneアプリのマネタイズモデルを解説するとともに、アプリの企画書の書き方などを教えます。
「CHAPTER 4 広告収益」「CHAPTER 5 課金システム」はアプリにおける広告や課金システムの種類を解説し、それぞれのメリット・デメリットをまとめます。
企画から課金や広告の方法までが決定したら、次はアプリの設計です。「CHAPTER 6 設計・デザイン」ではアプリの作業工程の組み立てや、プロトタイピング、ユーザーエクスペリエンスについての考え方など、設計やデザインに関して知っておきたいことをまとめています。
「CHAPTER 7 開発・受発注」では開発環境、見積もり、Appleの審査など、開発フェーズで必要となるトピックを取り上げています。
アプリが完成したら次はプロモーションです。「CHAPTER 8 リリース・プロモーション」ではプロモーション計画の立て方から、ソーシャルメディアを組み合わせたアプリの育て方、レビューの活用法などを解説。
「CHAPTER 9 運用・サポート」ではKGI/KPIの話から、アクセス解析、現状の分析、ユーザーのクチコミ活用など、アプリリリース後の運用フェーズでどうすべきかをまとめました。

 

「本書では、アプリをヒットさせるために必要な「やるべきこと」を網羅するだけではなく、その根本にあるべき「考え方」も盛り込んでいます。正直にいうと面倒な項目ばかりですが、ひとつひとつを着実に実行することで、その成果はダウンロード数や売上、ユーザーからの感謝の声として、ダイレクトに実感することができるはずです。」(著者「はじめに」より)

 

アプリ制作者、デザイナー、企業や制作会社の担当者など、アプリビジネスに携わる方すべてに役立つ一冊です!

 

この本買いました♪
アプリの作り方、というよりは企画からマネタイズまで、現状がざっと見渡せる感じ。
仕事してiPhoneアプリ開発をするなら知っておきたい情報です。


このページの先頭へ戻る